O203 大門 樹 (理工学部教授)

  • 11 住み続けられるまちづくりを11 住み続けられるまちづくりを
O203
大門 樹 (理工学部教授)
Tatsuru Daimon, Professor

プロジェクト概要

地域社会を支えるコミュニティの活性化にはモビリティの確保が必須です。モビリティカルチャーのコンセプトは,情報通信基盤を活用して,EV,公共交通機関,自家用車の有機的な利用により,地域社会のモビリティの向上を実現するための概念的枠組です。 この概念は,最近ではMaaS(Mobility as a Servie)と呼ばれています。 欧米では自動運転の研究が活発化しています。このプロジェクトでは過疎地のモビリティ・サービスの向上に焦点をあてた自動運転システムの導入に取り組んでいます。

プロフィール

大門 樹 (理工学部教授)
大門 樹 (理工学部教授)
Tatsuru Daimon, Professor

1995年慶應義塾大学大学院理工学研究科電管理工学専攻後期博士課程修了(博士(工学))
1995年通商産業省工業技術院生命工学工業研究所COE特別研究員
1996年フランス国立交通安全研究所外国人研究員
1997年慶應義塾大学理工学部特別研究講師
2003年慶應義塾大学理工学部助教授
2011年慶應義塾大学理工学部教授

メニュー