News Scrap

第2回 K2オープンセミナー《新価値創造と研究成果の社会実装》

2022.01.07

慶應義塾大学 新川崎(K²)タウンキャンパスでは、様々な分野の先端的研究と、川崎市内外の企業等との産官学連携を推進しています。今年度のK²オープンセミナーでは、Society 5.0に向けた日本社会の課題解決に関わる研究成果と、その実用化の可能性をご紹介し、これからの技術と社会の在り方について議論・考察します。
新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、オンラインで開催いたします。

2022年1月27日(木)13:30~15:30

新価値創造と研究成果の社会実装

〜いかにして新価値を創造し、社会に実装するか〜

13:30~15:30
慶應義塾大学 大学院システムデザイン・マネジメント研究科
白坂 成功 教授

《概要》慶應義塾大学 大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)では、人間中心で新価値を創造するためのアプローチとして、「システムxデザイン思考」を研究・教育しています。本講演では人間中心のニーズと技術シーズとをどのように結びつけていくのか、そのベースにある「システムxデザイン思考」の基本的な考え方を紹介します。  また、実際に内閣府ImPACTプログラムでの技術研究成果を社会実装するためにおこなったことをお話しします。具体的には、どのように考えて宇宙ベンチャーSynspectiveをデザインしたのか。どのようにシリーズAまでに109億円の調達を実行したのか。さらにどのようにしてこれらを通じて新たな研究テーマをみつけていったのか。これらについて実例をもとに紹介します。

講演者プロフィール

白坂 成功(SDM教授)
白坂 成功
慶應義塾大学 大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授
Seiko, Shirasaka Professor

東京⼤学⼤学院修⼠課程修了(航空宇宙⼯学)、慶應義塾⼤学後期博⼠課程修了(システムエンジニアリング学)。⼤学院修了後、三菱電機にて15年間、宇宙開発に従事。「こうのとり」などの開発に参画。専門分野はイノベーション創出にむけた新価値創造方法論であるシステムxデザイン思考や、システムズエンジニアリング。2008年よりSDM研究科⾮常勤准教授。2010 年より同専任准教授、2017年より同教授。2015年12⽉〜2019年3⽉まで内閣府⾰新的研究開発推進プログラム(ImPACT)のプログラムマネージャーとしてオンデマンド型⼩型合成開⼝レーダ(SAR)衛星を開発。2020年より独立行政法人情報処理振興機構デジタルアーキテクチャ・デザインセンター 有識者会議座長就任。その他、省庁の各種委員を務め、政府の活動を支援。

セミナー詳細
開催日時 2022年1月27日(木)13:30~15:30
開催形式 オンラインセミナー(Zoom ウェビナー)
主催 川崎市(経済労働局) 、慶應義塾大学 新川崎 K2タウンキャンパス
協力 公益財団法人 川崎市産業振興財団 、川崎信用金庫
オンラインセミナーチラシダウンロード

セミナー申込み

メニュー