田中 茂(理工学部教授) Shigeru Tanaka, Professor

田中 茂(理工学部教授)学科:応用化学科
専攻:開放環境科学専攻
職名:教授

研究分野キーワード:環境化学、地球化学、環境分析、環境動態解析、環境保全、分離・精製・検出法

快適環境創造のための空気清浄技術プロジェクト

CO2を排出しない排気ガス中揮発性有機化合物(VOC)の循環効率的な除去処理技術の開発

近年、塗装・印刷工場から排出される揮発性有機化合物(VOC)が大気汚染の深刻な問題となっています。特に、ジクロロメタン(DCM)やトリクロロエチレン(TCE)等の揮発性有機塩素化合物(VOCC)は、厚生労働省から発癌性物質として報告されています。DCMは、VOCC中発生量が最大で、沸点が低く、一般的な吸着剤では除去することが困難です。除去液を噴霧し排気ガス中のVOCを吸収する方法は効果的な方法ですが、VOCを吸収した除去液はそのままですと産業廃棄物となり、除去液を再生することが望まれます。そこで、VOCを含む廃溶剤の効率的な再生技術を開発しました。

研究室紹介ビデオ

プロフィール

1981年慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程修了(工学博士)。 1980年4月より慶應義塾大学工学部応用化学科助手。 1986年~1987年、米国ロードアイランド大学海洋学大学院へ留学。 帰国後、専任講師、助教授を経て、1998年より同大学理工学部応用化学科教授。 主な著書に、「首都圏における酸性雨のネットワーク観測」(慶應義塾大学出版会)、「続・身近な地球環境問題—酸性雨を考える」(コロナ社)、「環境と化学 グリーンケミストリー入門」(東京化学同人)等。