村上 俊之 (理工学部教授) Toshiyuki Murakami, Professor

村上 俊之 (理工学部教授)学科:システムデザイン工学科
専攻:総合デザイン工学専攻
職名:教授

研究分野キーワード:福祉機器システム制御 / 移動機器システム(電気自動車、電動車いす等)制御 / 人動作支援制御 / ロボティクス / 不安定系の制御 / 視覚フィードバック制御

ハプティクス研究センター

実世界ハプティクスは従来のメカトロニクスや産業ロボット技術では実現できない柔らかい動作を可能にするばかりでなく、人間動作を人工実現する新しいシーズ技術です。本プロジェクトは大型の公的競争的資金により運営されており、上記のハプティクス技術をまず医工融合基盤の上に展開し、それを基に様々な応用分野に展開しようとする野心的な目的を有しています。この夢のある新技術を今後の社会の持続的な発展に結び付けたいと努力しています。

プロフィール

1993年慶應義塾大学大学院理工学研究科電気工学専攻後期博士課程修了(博士(工学))。
同年慶應義塾大学理工学部電気工学科助手 。
2007年より理工学部システムデザイン工学科教授。
2015年6月より 一般社団法人 電気学会 会論文誌D(産業応用部門誌)編修長。