研究活動の紹介

人間の五感のうち、聴覚、視覚は人工的に伝達し、離れた場所で再現することが可能です。遠方の友の声を伝えてくれるのは電話ですし、海外のアーティストをライブで映してくれるのはテレビジョンです。ところが、遠くの物体を押したり、握ったり、さすったりして得られる力触覚はつい最近まで人工的に伝達することができませんでした。 慶應義塾大学ハプティクス研究センターは、遠方へ力触覚を伝達する新技術(=ハプティクス)を世界で初めて実現しました。このハプティクスを用いると力触覚通信や力触覚放送が実現できますが、それのみならず産業分野や医療・福祉分野等にも大きな革新を起こすと期待されています。その基礎技術を磨くとともに、もっと使い易くするための研究開発を行っています。

Out of our five senses, auditory sense and visual sense could be artificially transmitted, and reproduced at a remote place. Telephones enable us to communicate with friends at a remote place, and a television broadcasts live-music at foreign countries. However, the sense of touch obtained by pushing, grasping or rubbing objects, has not become transmittable up until quite recently. Keio University Haptics Research Center has succeeded in transmitting the sense of touch to a remote place for the first time in the world. This novel technology is considered to be applied for tactile communication or tactile broadcasting. In addition, its technology is thought to revolutionize the industrial field or medical welfare field. Keio University Haptics Research Center is conducting research and development in order to make it immensely user-friendly.

 

産学連携の取組みについて

 ハプティクスの基本原理は慶應義塾大学により特許化されました。これをシーズとすると、産業分野や医療・福祉分野からの広範なニーズとの整合を図り、いわゆる死の谷を克服しなくてはなりません。このため、慶應義塾大学ハプティクス研究センター内に両者の出会いの場である「リアルハプティクス技術協議会」を設置するとともに、企業の積極的な参加を呼びかけています。この協議会では、アンチコモンズの悲劇を避けるため「リアルハプティクス知的財産権憲章」を制定しており、互恵の精神のもとで参加企業との共同開発が行われます。特に、開発環境の提供、ハードウェアやソフトウェアの開発、応用分野への展開への積極的な支援、国や地方自治体との協力関係構築などを通じて密接な連携を図ります。

 The fundamental principles of Haptics are patented by Keio University. By considering this technology as a seed, it is required to overcome the Death Valley by promoting compliance with extensive needs from the industrial field or medical welfare field. From this point of view, Keio University Haptics Research Center sets up “Real-Haptics Engineering Council” as a meeting place between the two, and encourages company’s active participation in it. This council enacts “Real-Haptics intellectual properties charter” for the purpose of avoiding the tragedy of the anticommons, and co-development is conducted with participant companies in a spirit of mutual benefit. In particular, we coordinate closely with the participant companies of the following: providing the developing environment, the development of hardware and software, active support to the broader field of application and building of cooperative relations with government and municipality.

 

今後の展開

 慶應義塾大学ハプティクス研究センターは広く産業分野や医療福祉分野に門戸を開けています。しかし、早い段階で基本技術を公開するとアンチコモンズの悲劇を招きかねません。そこで、リアルハプティクス技術協議会は当初2年ないし3年はクローズドイノベーションを志向したいと考えております。その結果得られる技術の成果は、その後移行するオープンイノベーション期にユーザオリエンテッド技術として公開することにしております。特に、ハプティクスのエンドユーザは使い易い形で提供されるコア部とエンジン部をその製品に組み込むことで様々な応用分野へと展開できます。また、プラグイン製品群を用意し、いつでも、だれでも、どこでも利用できる道を拓きます。

Keio University Haptics Research Center widely opens its door to the industrial field or medical welfare field. However, the public viewing of basic technology in early stage provokes the tragedy of the anticommons. From this reason, Real-Haptics Engineering Council aspires closed innovation for few years. The achievement of this period will be released as a user-oriented technology in the open innovation period. The end user is able to step into the variety of applied areas by incorporating the core and engine technology of Haptics that is designed user-friendly. In addition, plugin products will be provided so it can be used anytime, anywhere, and by anyone.

 

プロフィール

大西 公平 教授大西 公平(理工学部 教授) Kouhei Ohnishi, Professor

1980年東京大学大学院工学系研究科電気工学専門課程修了(工学博士)。 同年慶應義塾大学工学部電気工学科助手 。1996年より理工学部システムデザイン工学科教授。2015年6月より 一般社団法人 電気学会 会長。