K103 神成 文彦 (理工学部教授)

波長分割多重プログラマブル大規模量子シミュレータ

フェムト秒レーザーの周波数モードを利用した分子の線形吸収スペクトル解析のためのフォトニック量子シミュレータ

K103
神成 文彦 (理工学部教授)
Fumihiko kannari, Professor

プロジェクト概要

量子シミュレータは大きな分子の振電励起過程をシミュレーションできる唯一の方法である。このシミュレータを実現するためには、転置演算子、マルチモードスクイーズド状態、線形量子回転演算子、光子数計測を実現する必要があるが、光学回路での実現は量子光モードの任意制御とモード混合において難があった。我々のJST/CREST研究では、フェムト秒レーザーパルスの周波数モードを利用し、波形整形技術で任意制御することで大規模量子シミュレータを実現する。

プロフィール

神成 文彦 (理工学部教授)
神成 文彦 (理工学部教授)
Fumihiko kannari, Professor
学科: 電子工学科
専攻: 総合デザイン工学専攻
職名: 教授

研究分野キーワード:コヒーレント量子工学/レーザ工学/量子光学/超高速光技術/量子シミュレーション

1980年慶応義塾大学工学部電気工学科卒業。
1985年慶応義塾大学大学院工学研究科博士課程修了,工学博士。
Rutherford Appleton研究所研究員, Spectra Technology社上級研究員を経て1988年慶応義塾大学理工学部助手。
専任講師,助教授を経て2000年教授。

研究紹介ビデオ

メニュー