塾外で開催される技術展などでは、プロジェクトが研究成果を紹介しています。

川崎国際環境技術展 

川崎国際環境技術展2019出展

タイトル
第11回 川崎国際環境技術展2019
11th Kawasaki International Eco-Tech Fair 2019
日時
2019年2月7日(木)・8日(金)10:00~17:00
テーマ
~川崎発 技術革新の連鎖から見える 環境先進都市の未来~
会場
カルッツかわさき
(川崎市スポーツ・文化総合センター)1階大体育室:川崎区富士見1-1-4
出展
慶應義塾大学理工学部 生命情報学科 宮本研究室
http://www.bio.keio.ac.jp/labs/kmiyamoto/
出展内容
近年、環境に流出したプラスチックが大きな社会問題となっています。我々のグループでは、ポリエチレンテレフタレート(PET)を分解する微生物から分解酵素(PETase)を見いだしました。しかし、PETaseによるPET分解は効率が低く、実用化には活性向上が必要でした。そこで、PETaseとPET間の接触頻度に注目し、界面活性剤を添加することで分解効率を劇的に改善する手法を開発しました。
主催
川崎国際環境技術展実行委員会
実行委員長/川崎市長
副実行委員長/川崎商工会議所会頭
【委員会メンバー】
川崎市、経済産業省、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)日本貿易振興機構、(国研)産業技術総合研究所、(独)国際協力機構、(独)中小企業基盤整備機構、(独)環境再生保全機構、慶應義塾大学、明治大学、専修大学、国際連合工業開発機関、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所、NPO法人産業・環境創造リエゾンセンター、(一財)日本環境衛生センター、川崎市地球温暖化防止活動推進センター、川崎商工会議所、川崎市工業団体連合会、川崎工業振興倶楽部、(公財)川崎市産業振興財団