植田 利久 (理工学部教授) Toshihisa Ueda, Professor

植田 利久 (理工学部教授)学科:機械工学科科
専攻:開放環境科学専攻
職名:教授

研究分野キーワード:反応流体/燃焼/カオス混合/熱工学

グローバル環境システムリーダープログラム

環境科学技術開発力・社会ルール立案力を持ち、国際社会をリードするグローバル環境システムリーダーの育成

本プログラムは、理工学研究科および政策・メディア研究科の大学院学生を対象に、さまざまな環境問題を解決するPhDの育成を目指したプログラムです。学生は、所属する研究科の教授の指導のもとで主専攻研究を、別の研究科の教員の指導のもとで副専攻研究を、そして海外教員による指導のもとで国際性を身につける活動を行います。K2タウンキャンパスは、学生の演習、実習、両研究科学生の共同活動、外国人研究者との共同研究などに利用されています。  ここに示した最初の画像は、電気自動車用充電ステーションの最適配置を探す数値シミュレータを用いた実習の様子です。ここでは四国全土の道路を対象に、充電ステーションの最適配置を検討しています。  次の例は、O棟201B室に設置された防音室を用いた実習で、低周波公害と緩和するための定在波キャンセリング実験を行っている様子です。右側の図では定在波の音圧分布を赤い球の体積で表しています。

プロフィール

1981年 慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学
1982年 工学博士(慶應義塾大学)
1982年 慶應義塾大学工学部機械工学科助手
1986年 同理工学部専任講師
1991年 同助教授
1998年 同教授
2008~現在 日本燃焼学会理事
2010~2012 日本機械学会理事
2015 日本機械学会副会長・フェロー