西村 秀和 (SDM研究科 教授) Hidekazu Nishimura, Professor

西村 秀和 (SDM研究科 教授)大学院 システムデザイン・マネジメント研究科
教授

研究分野キーワード:安全制御システムデザイン / モデル駆動型システム開発 / システムダイナミクス

システム制御デザイン&マネジメントプロジェクト

モデルベースシステムズエンジニアリングの適用

社会基盤の形成に欠かせない技術システムはますます複雑化する方向にあり、そうした技術システムの開発に際しては、もはやある一つの分野だけでその領域をカバーすることはできません。特に、人や環境に優しいシステムを適切に提供することが、これからの社会では極めて強く求められています。大学院システムデザイン・マネジメント研究科に所属する当プロジェクトでは、制御システムのデザインとマネジメントの観点から研究を推進します。

Operator-in-the-loop design of an automated driving system using a bike simulator

Construction machines adapted to the environment (courtesy of Kato Works Co.,Ltd.)
 
Keio Alpha pod running autonomously in the Hiperloop tube using magnetic levitation and propulsion
 

代表研究者:教授 西村秀和
共同研究者:
顧問  狼 嘉彰 SDM研究所 システムデザインとインテグレーション、先端計測制御
研究員 日比谷孟俊 SDM研究所 クレーンブームの構造・材料と溶接の自動化
研究員 佐々木正一 SDM研究所 ハイブリッドシステムの設計とシミュレーション



プロフィール

1990年慶應義塾大学院理工学研究科機械工学専攻博士課程修了(工学博士)。千葉大学工学部機械工学科助手、助教授を経て、2007年慶應義塾大学先導研究センター教授。2008年より大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授、現在に至る。著書に「MATLABによる制御系設計」(共著、東京電機大学出版局)、「システムズモデリング言語SysML」(監訳、東京電機大学出版局)、デザイン・ストラクチャー・マトリクスDSM」(監訳、慶應義塾大学出版会)等がある。