西村 秀和 (SDM研究科 教授) Hidekazu Nishimura, Professor

西村 秀和 (SDM研究科 教授)

システム制御デザイン&マネジメントプロジェクト

モデルベースシステムズエンジニアリングの適用

社会基盤の形成に欠かせない技術システムはますます複雑化する方向にあり、そうした技術システムの開発に際しては、もはやある一つの分野だけでその領域をカバーすることはできません。特に、人や環境に優しいシステムを適切に提供することが、これからの社会では極めて強く求められています。大学院システムデザイン・マネジメント研究科に所属する当プロジェクトでは、制御システムのデザインとマネジメントの観点から研究を推進します。

プロフィール

1990年慶應義塾大学院理工学研究科機械工学専攻博士課程修了(工学博士)。千葉大学工学部機械工学科助手、助教授を経て、2007年慶應義塾大学先導研究センター教授。2008年より大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授、現在に至る。著書に「MATLABによる制御系設計」(共著、東京電機大学出版局)、「システムズモデリング言語SysML」(監訳、東京電機大学出版局)、デザイン・ストラクチャー・マトリクスDSM」(監訳、慶應義塾大学出版会)等がある。