小規模太陽光発電所向けクラウド型常時監視システムを開発
-仮想電力会社の制御ボックスのプラットフォームへ-
理工学部 山中直明教授

2015.08.05

マウンテンフィールズ株式会社(代表取締役社長:山田芳幸)と慶應義塾大学(塾長:清家 篤)は、慶應義塾大学理工学部山中直明教授の総務省委託プロジェクトの研究成果である分散エネルギー制御ゲートウェイ技術を適用した小規模太陽光発電所向けクラウド型常時監視システムを開発しました。開発したシステムでは、小型のインターネット接続型監視ボックスとクラウドシステムを連携させて遠隔監視システムを実現することにより、大幅な低コスト化を実現しました。本システムは、現在急速に普及する一方、故障や強風による事故、盗難といった問題をかかえる小規模の太陽光発電システムの常時遠隔監視を実現するとともに、山中教授が提唱する仮想電力会社向けの制御ボックスプラットフォームとしての利用が期待されます。 プレスリリース全文は、以下をご覧ください。

プレスリリース全文(PDF/326KB)PDF

プレスリリースの反応は山中研究室サイトをご覧ください。
http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/小規模太陽光発電所向けクラウド型常時監視シス