第2回創造のクラスター連携国際シンポジウム開催

2015.08.03

慶應義塾大学は、本年より日本学術振興会のスーパーグローバル大学創成支援「トップ型」に選択され、世界で競争する大学・大学院として飛躍することが期待されています。そのことを鑑み、慶應義塾では独自に3つの「長寿」「安全」「創造」のクラスターを文理融合して形成し取り組んでいます。 創造のクラスターの中で、今回2つのプロジェクトは共同で国際シンポジウムを開催します。
シンポジウムのテーマは
「グローバルスマート社会創造プロジェクト」
「共進化するサイバーフィジカル環境の基盤技術構築・実証実験」
です。
スーパーグローバル大学院として、慶應義塾は学生教育としては積極的な海外とのダブルディグリープログラム(修士号を国内・海外の2つ取る)やリーディング大学院大学(M/M/D : 違う分野の修士を2つ取りさらに博士を取るリーダ型教育)を実現し、教育と表裏をなす研究は、強力な文理融合と海外大学、企業と共同で海外のファンドを活用した研究プロジェクトを実施しています。今回の研究テーマは「スマート、つまり超成熟社会を如何にサスティナブルに快適に自由に生きるか」と「慶應がリードしているサイバーフィジカルシステムの最新」を紹介します。まだまだ、グローバル化の中ではファーストステップですが、進化し続ける慶應義塾を見に来てください。

 

 以下、プログラムです
日時;2015年9月3日 (木曜日) 10:00-
場所慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館 藤原洋記念 ホール 


http://smartsociety.yamanaka.ics.keio.ac.jp/?page_id=32

参加申し込みは Webからお願いいたします