研究活動の紹介

小池研究室では、世界に先駆け屈折率分布型プラスチック光ファイバー(GI型POF)、光散乱導光ポリマー、ゼロ複屈折ポリマー、さらに超複屈折フィルムを提案しその基本特許を取得しています。慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート(KPRI)は、これらの光の本質的原理から提案されたコア技術をもとに、フォトニクス分野におけるポリマーの可能性をそのファンダメンタルズにまで遡って究明し、新しい機能の発現を目指しています。例えば超高速GI型POFでは、柔軟性に富み、折れにくく、取り扱いが容易であるというその特性を最大限に引き出すため、材料設計から製造技術まで一連の開発を行っています。 また、種々のポリマー部材の性能を向上させるだけでなく、液晶ディスプレイ全体を「トータル設計」した革新的な高精細ディスプレイの実現を目指しています。

Koike Laboratory has proposed and secured basic patents for a variety of innovations: world-leading graded index plastic optical fiber (GI-POF), highly scattered optical-transmission (HSOT) polymers, zero-birefringence polymers, and super-birefringent films. Utilizing these core technologies that are based on the essential principles of light, the Keio Photonics Research Institute (KPRI) is exploring possible applications of polymers in the field of photonics by elucidating their fundamental mechanisms, in an attempt to discover new functions. For example, to optimize the characteristics of ultra high-speed GI-POF (highly flexible, difficult to break, and easy to handle), we are engaged in a series of development processes, ranging from materials design to manufacturing techniques. The Koike Laboratory is not just improving the performance of different kinds of polymer components; it is also working on a “total design” for new and innovative, ultra high-definition (HD) liquid-crystal displays (LCDs).

 

産学連携の取組みについて

 KPRIは、2014年度で終了しました内閣府「最先端研究開発支援プログラム(FIRST)」の研究開発機関として発足し、19の企業との連携により数々の革新的フォトニクスポリマーに関する成果を生み出しました。本プログラム終了後もこれらの成果を基に、2015年4月に科学技術振興機構(JST)研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)、2015年4月には、JST産学共同実用化開発事業(NexTEP)がスタートし、産官学が一体となり精力的に研究開発を行っています。さらに、KPRIから生まれた研究成果を産業化する新たな構想も始動し、産業界から熱い注目を浴びています。研究成果の還元へ向けてKPRIはますます挑戦し続けます。

The KPRI was established under the Funding Program for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology (FIRST Program), a research and development (R&D) body managed by the Cabinet Office that concluded in FY2014. In collaboration with 19 companies, KPRI has produced numerous innovations in the area of photonics polymer. Based on many novel results obtained by the FIRST Program, KPRI continues to build on these findings by vigorously pursuing R&D through a partnership of industry, academia, and government, under two programs launched by the Japan Science and Technology Agency (JST)—the Adaptable and Seamless Technology Transfer Program through Target-driven R&D (A-STEP) starting in April 2014, and the JST Next Generation Technology Transfer Program (NexTEP), starting in April 2015. The research findings of KPRI are also being developed into new ideas for commercial applications, and are drawing keen interest from the world of industry. KPRI will continue to tackle such challenges.

   
 

今後の展開

 日本では、2020年の東京オリンピックに向け、4K/8K時代の実現を目指していますが、実は、現在の4Kテレビでも、そのデータ量をリアルタイムに伝送するには非常に太いケーブルが必要になる、また、電磁ノイズが増大するなど、ディスプレイの高精細化に伴うデータ量の増大に耐えうる伝送手段を確立するにはまだまだ課題が残されています。また、8Kの規格を満たす真のディスプレイの実現も道の半ばとなっています。真のリアルカラー8Kディスプレイは、放送業界だけでなく正確性が求められる医療分野、さらにはデザイン・アート分野など様々な分野での効果も期待されています。私共が開発しました世界最速GI型POF、新規フォトニクスポリマーにより提案されるディスプレイによりこれらの課題を解決し、真のリアルカラー8K映像時代が実現できると確信しています。

As Japan prepares to host the 2020 Tokyo Olympics, it has its sights set on the emerging era of 4K/8K video. Even with current 4K television technology, however, many technical issues must still be resolved—the need for very thick cables to transmit video data flow in real time, high levels of electromagnetic noise, and the need to develop transmission technologies capable of withstanding the high rates of data flow required for ultra HD video displays. In addition, we are half way to realizing displays capable of handling true 8K video. In addition to the broadcast television industry, real-color 8K displays hold promise for a wide range of other fields, for example the field of medicine, where accuracy is required, and the fields of design and art. By leveraging the world’s fastest GI-POF and new photonics polymers, we have developed a display that we believe can solve these problems and help to usher in the real-color 8K video era.

 

プロフィール

小池康博教授小池 康博(理工学部 教授) Yasuhiro Koike, Professor
1982年慶應義塾大学大学院工学研究科博士課程修了(工学博士)。
1989~1990年米国ベル研究所研究員、1997年~慶應義塾大学理工学部教授。
2010年~慶應義塾評議員、慶應義塾大学フォトニクス・リサーチ・インスティテュート所長。
2000年~2005年科学技術振興機構ERATO総括責任者、
2005年~2011年科学技術振興機構ERATO-SORST研究統括、
2010年~2014年内閣府最先端研究開発支援(FIRST)プログラム中心研究者。

受賞歴:
2001年藤原賞、2006年 紫綬褒章、2009年文部科学省「科学技術への顕著な貢献2009ナイスステップな研究者」、2013年向井賞、2015年SID Recognition Award他。

所属学科: 物理情報工学科
URL: http://kpri.keio.ac.jp/