真壁利明常任理事
慶應義塾大学は東京圏の6つのキャンパスを中心に教育と研究を、また、新川崎と鶴岡の2つのタウンキャンパスで主に研究を行っています。2016年度から川崎市の殿町に新しいタウンキャンパスが加わります。それぞれのタウンキャンパスは、特徴あるスタイルで研究開発を行っています。 新川崎・創造のもりにある新川崎(K-Square:K²)タウンキャンパスは、慶應義塾が川崎市と協働して2000年に開設したもので先端研究教育連携スクエアを置いています。慶應義塾の6つのキャンパスから教員研究者や大学院生が、それぞれの研究プロジェクトに参加する融合型キャンパスを目指しており、独自文化も醸成されつつあります。地理的な利便性のため、矢上(理工学)や日吉(独立大学院)の研究者の利用が増えているのも事実です。隣接する川崎新産業創造センター(KBIC)や4大学ナノ・マイクロファブリケーションコンソーシアム(NANOBIC)と協調した活動も続けています。創造のもり地区ではウエットプロセスを伴う研究開発が可能な施設の準備も進んでいます。
現在K²では、触覚通信、光ネットワーク、スマート社会のための環境・医療などのプロジェクトが中期計画のもと実施され、地に着いた研究開発が行われています。今年度から新たにTCAD開発プロジェクトが加わっています。
さて、慶應義塾はこれまで積極的に国内外大学や企業と共同研究に取組んできました。これまでに蓄積された豊富な経験を生かし、企業と共同研究センターの開設や海外大学・研究機関との研究連携が進んでいます。将来、K²は学外研究機関や民間企業などの研究者が慶應義塾の研究者や大学院生と協働して研究や技術開発に当たり、同時に、ここに集積する学外研究者の一部が大学院生の副指導を担う新しいスタイルの研究と教育の連携スクエアとして、その価値はさらに高まると考えています。近い将来の新しい発展に期待しています。

 

新川崎タウンキャンパスおよび新川崎先端研究教育連携スクエアとは

「新川崎タウンキャンパス」、通称「K2(ケイスクエア)タウンキャンパス」は、川崎市との協定に基づき、産学官連携による研究開発の拠点形成を目的に、2000 年4 月に開設されました。 「」 は、慶應義塾(K)と川崎市(K)が協力し、2 乗の効果を生み出すことを意味しています。  分野横断型の最先端の研究に重点をおくキャンパスとして、翌2001 年4 月には、「新川崎先端研究教育連携スクエア」が設置されました。「先端的研究・教育の推進」、「新産業・新事業の振興」、「社会・地域への貢献」という相互に関連する3つの理念を柱として、時代を切り拓く様々な研究教育活動を展開しています。

2009 年11 月に、慶應義塾と川崎市は従来の協力関係を発展させ、「連携・協力に関する基本協定」を締結しました。同じ創造のもり地区に立地する「かわさき新産業創造センター(KBIC)」は、2012年に新館(NANOBIC)を開設、義塾からは2つのプロジェクトが事業化や新技術の開発等を目指して研究活動を続けており、既に複数の大学発ベンチャーも誕生しています。

先端的研究・教育の推進

 現在、2学部・3研究科(理工学部、理工学研究科、環境情報学部、政策・メディア研究科、システムデザイン・マネジメント研究科)がキャンパス内で、伝統的な研究基盤の下で培われてきた各学問分野を自然と融合できる研究環境にあります。

具体的には、健康医療分野、環境分野、エネルギー分野などで未来社会を拓く先端的な研究が推進されています。

 

新産業・新事業の振興

 各研究プロジェクトが生み出す様々な研究成果を、企業や団体等が有する資源やニーズと連携させることで、新たな技術や産業を創出することを目指し、川崎市および関係機関と協力して「ビジネス交流会」を開催しています。

また、技術展示会等に出展するほか、KBIC と協働することで、研究成果を事業化する可能性を探っています。

社会・地域への貢献

 川崎市との連携のもと、市民や地域企業を主な対象として、オープンテクノキャンパスやオープンセミナーを開催し、研究成果を広く紹介するとともに、科学技術に関する学習の機会を提供しています。多方面からの見学を受け入れるほか、塾内外の組織や団体と協力して、地域児童や生徒を主な対象に、科学の面白さや楽しさを体感できるイベントやセミナーを実施しています。

新川崎先端研究教育連携スクエア

K2事務室連携スクエアや研究施設の運営管理および研究支援業務を担うとともに、“産学官地域連携の促進を図り、その窓口”としての役割を担っています。各研究プロジェクトと協力して、市民や青少年、企業関係者を対象に各種セミナーやオープンテクノキャンパスなどを開催するほか、各種団体の視察・見学の受け入れ窓口でもあります。  O棟事務室には2つの会議室があり、各プロジェクトの利用に供しています。

K² ハウス(厚生棟)

K2ハウスK2ハウス(厚生棟)には、慶應義塾大学の会議室、研究者用仮眠施設と
一般財団法人 川崎市まちづくり公社の管理する「新川崎・創造のもり」管理室、大会議室などがあります。